りんどう法律事務所のブログ

2020.04.14

大阪の裁判所の手続期日が続々延期になっています。

 

緊急事態宣言を受けた上での府からの外出自粛要請。

なんとかこの新型コロナ感染症の拡大を封じ込めようと、各自が尽くせる限りの方策を尽くしている今日この頃。

 

裁判所の手続きも限られたもの(極めて急ぐ事柄)を除き延期されています。

 

裁判所も人が動かしています。

その裁判所の職員の方の健康、生命を守ることも大切ですし、その方々が出来る限りの外出自粛を行うことで、裁判所内外の多くの人の健康を守る結果にもなります。

そうである以上、特に民事事件での手続延期はやむを得ないことだと思います。

 

もっとも、その手続延期の結果、涙を流されるご依頼者もおられます。

交通事故の損害賠償請求や、賃料の問題、就労の問題、家庭内の問題、親族間の問題・・・。

 

外から見ると、健康や生命と天秤にかけるべき事柄ではないかもしれませんが、当事者からすると、指定されていた次回期日のために様々な準備をし検討をしてきました。「この手続きが終われば、少しはらくになるかもしれない」「損害の補填をようやく受けることができる」。そう思って苦しい日を一日一日過ごしてこられたご依頼者はたくさんおられます。

 

手続が「取り消し」になるわけではないので、いずれ手続きは再開され、裁判所の手続きを進めることができるようになる日は必ずやってくるでしょう。

 

それでも、「その日」が来るまでの期間を果てしなく遠くに感じてしまうご相談者、ご依頼者もおられます。

 

自分なりに、今できることを模索するとともに、再開後の手続がスムーズに進むよう今からあらゆる方途を練りたいと思います。

 

それとともに、早くこの事態が改善し全員が日常の生活に少しでも早く戻れるよう、感染拡大防止に尽力しなければならない、そう誓う日々です。

 

 

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3丁目13-18

2020.04.08

社会の一員として、弁護士として

緊急事態宣言が発令されました。

社会の一員として、感染拡大防止に尽力するべく、当事務所としましても本日より積極的に在宅執務を取り入れております。

一刻も早い状況改善のため、社会人として出来る限りの対応をとっていきたいと思います。

また、一方で、このような状況になり、様々な困難に直面されている方もたくさんおられます。

弁護士として、こんな時だからこそ、少しでもそういった方のお役に立てるべく、最大限の感染防止の対応をとりながら、皆様のご相談にも随時対応していきたいと考えております。

その困難が、弁護士にご相談頂くことで少しでも和らぐように。出来る限りの職務を果たしたいと思っております、

りんどう法律事務所

2020.04.07

緊急事態宣言が出た場合の当事務所の対応について

 

新型コロナ感染症等の感染防止のため、しばらくの間、所員全員に対し、積極的に在宅執務を行うよう指示を出しました。

このため、通常の場合よりも、お電話でのお問い合わせ等についてお時間を頂戴するおそれがあります。

 また、ご依頼いただいている皆様のご不安、ご負担の軽減のため、来所頂いての打合せを極力控え、必要に応じて電話等で打合せをさせていただきます。

 

所員の移動、交通機関の利用を極力減らし感染拡大防止に努めるとともに、ご依頼いただいている皆様に支障が出ないよう尽力する所存です。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

りんどう法律事務所

2020.04.02

家族といえども・・・。

テレワーク、在宅勤務が積極的に導入されている今日この頃。

きっかけは、新型コロナの感染拡大を防ぐためという消極的な目的ではありますが、ライフスタイルの多様化に鑑みれば、様々な働き方があるのはとても自然なことであり、人それぞれが自身の生活を充実させるためにも、柔軟な働き方を積極的に取り入れていくというのは、むしろ望ましいことではないかと考えます。

 

ただ、自宅で過ごす時間が増えることにより、パートナーへの違和感や、親子間での衝突が増えてしまうこともあるのかもしれません。

 

信頼関係の上でスタートさせた家族であっても、相手は自分とは異なる人間。

 

時には、相手の一挙手一投足にイライラさせられることもあるでしょう。

 

相手に非があるということもありますし、もしかしたら、自分が少しイライラしていたということもあるのかもしれません。

原因を探り始めれば、「自分はこうなのに」「相手がこうしたから」と、余計にイライラが募ったり。

 

そんな時、どうやり過ごしたらいいか。

本当に難しいです。

 

「非がある相手には非を認めさせたい」。そう思う時だってもちろんあります。

家族であっても、相手は自分とは違う人間で、相手にだって心はあります。そして、自分にだって心があります。

自分の気持ちと相手の気持ちが異なることはたくさんあります。

 

意外かもしれませんが、「どちらが悪い」という結論は、急いで出すべき事柄であることはそんなに多くはありません。

 

もし、同じ空間に長くいることが苦しい時には、とにかく、一時的にそっと距離をとるというのもひとつだと思うのです。

 

家族だから、ずっと一緒に向き合わなければならないわけではありません。

 

自分を守るため、相手を守るため、一時的に、心理的、物理的、空間的に、とにかく何でもいいので距離をとる。そうやって守られるものがある。この仕事を通して日々気付くことです。

 

それから、最後に。

 

心理的もしくは物理的距離では解決できないことも、もちろんあります。

 

どうしても辛い時、そんな時には我慢せず、あらゆる電話相談等を活用し、その場所からの逃げ方を必ず誰かに相談してください。

 

どんな時であろうとも、悩んでいるあなたに寄り添いたいという思う人は、絶対にいるはずです。

 

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3丁目13-18島根ビル3階

2020.04.01

新メンバー加入のご報告

この度、清水さやか弁護士を新たに当事務所のメンバーとして迎えました!

清水弁護士とは大阪弁護士会の委員会活動を通して知り合いましたが、子の福祉に関わる案件に積極的に取り組んできた清水弁護士だからこその、真摯にご相談者様のお話を聞く姿や、知的に相手方と交渉する様に近くで触れ、私自身、多くのことを学び、刺激を受けました。

当事務所が積極的に取り組んでいる親族関係、家庭問題に関する案件について、多くの経験を有している清水弁護士の加入は、当事務所としても心強い限りです。

弁護士4名がそれぞれの経験を活かし、皆様のベストパートナーになれるよう、所員一同精進して参る所存です。

今後とも当事務所を何卒よろしくお願い申し上げます。

*なお、清水弁護士は、産休・育休に入るため、本格的な業務再開は令和3年4月頃の予定です。

りんどう法律事務所

2020.02.25

新型コロナウィルス感染症拡大防止について

新型コロナウィルス感染症拡大を防止する観点から、大阪弁護士会でも、会が主催するイベントの一定期間の中止もしくは延期の措置を取っております。また、国土交通省が各鉄道会社に対し、乗客への時差通勤やテレワークの呼びかけを要請したとの報道もあります。

 

このような現在の情勢下に鑑み、当事務所でも、比較的混雑した電車通勤が必要な所員等においては時差通勤等を行います。このため、営業開始時間や業務終了時間前でも電話の応対ができない等の可能性が生じるかもしれませんが、ご理解の程何卒よろしくお願いいたします。

 

また、弁護士の職務性質上、外出や公共交通機関の利用、第三者との面談なども多くあることから、弁護士自身が自覚ないままに感染しご相談者様等に感染させてしまう等のリスクを出来る限り取り除くため、ご相談時には、各弁護士がマスクを着用させていただくことがあります。ご不安のあるご相談者様におかれましても、どうぞお気兼ねなくマスクを持参・着用くださいますようお願いいたします。

 

この他、当事務所が入っておりますビルには、エレベーターホールやトイレ等にアルコール消毒を設置しております。当事務所にお越しの方はそちらも御活用いただければと思います。

 

皆様にはご不便をおかけいたしますが、所員一同、変わらず職務を全うするととともに、コロナウィルス感染症拡大の防止に努めて参る所存です。

 

ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

りんどう法律事務所

2020.01.24

高校に出張授業に行きました

法律を身近に感じて欲しい、そして、困った時に「相談する」「法律で解決する道が見つかる」ということを知っていて欲しいという願いから、年に数回、高校に出張授業に行くようにしています。

そんな気合も、予定が合わず年々萎みがちになっている最近ではありますが・・・

今年も、無事、出張授業に行くことができました。授業テーマは「ネットトラブル、SNSトラブル」。

実は、これがなかなか難しいテーマなんです。

自分が高校生の時と様変わりしたこと。それが、まさに携帯電話やスマートフォン。

今の高校生にとってごく身近なネット、SNSを、高校生の時に経験したことのない私が、どうすれば高校生に伝えたいことを伝えることができるのか。いつも悩んでしまいます。

とはいえ、実際に弁護士として相談を受ける件数は着実に増えてきているネットトラブル。高校生の時には経験していなかった(というか、想像もしていなかった)ネットのトラブルが日々発生していることを実感します。

「映画の中だけのこと」と思えるようなことが、現実世界で起こり、高校生や大学生もトラブルに巻き込まれている。このことをなんとか伝えたい気持ちで授業に臨みました。

今年の出張授業で出会った高校生たちが、自分という人間の大切さを忘れることなく、そして、夢に向かって歩を進めることができることを切に願っています。

りんどう法律事務所(女性弁護士による法律相談)

2020.01.06

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 明けましておめでとうございます。

当事務所は本日から令和2年の業務を開始いたしました。

といっても、これまで通り業務に勤しむのみ!といったところですが、

昨年よりも少しでも進歩し、誰かのお役に立てる人間に近づけるよう精進したいと思っております。

本年も当事務所を何卒よろしくお願い申し上げます。

りんどう法律事務所(女性弁護士による離婚相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

2019.12.27

本日仕事納めです。

本日が令和元年の仕事納めとなります。

この一年も皆様とともに、そして所員皆が元気に過ごせたこと、本当に有難い限りです。

この仕事をしていると、皆様の大切な局面に立ち会わせていただくことも多く、それが良い時もあれば悲しい時もあります。「人生は山あり谷あり」とはよく言ったものだと、自分を振り返っても実感するところです。

新年を迎える準備をするこの時期といえども、明るい気持ちになる方ばかりではないのかもしれません。なにせ「人生は山あり谷あり」。辛い気持ちになることは、とても自然なことだとも思うのです。

それでも、ほん少し歩を進めれば、それを少しずつ続ければ、ほとんどの問題は必ず解決します。目先に示された道が、今この瞬間はベストでなくても、数年後に振り返れば「あれで良かったんだ」と思えることもあります。

今がしんどいのであれば、何も無理してとてつもない先を見る必要はありません。ほんの少し前のこと、たった一つのことを順番に解決させていきましょう。

そしていつか振り返った時に、あらゆる不安・困難を乗り越えてきた自分を誉めてあげましょう。

来年も、皆様の真横で、一緒に話しながら歩いたり走ったりができたらとても嬉しいです。

皆様、本年も誠にお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

2019.12.24

婚姻費用・養育費算定表が改訂されたけれども・・・

 

昨日のブログでも記載しましたが、裁判所が婚姻費用や養育費の調停、審判で利用してきた「婚姻費用・養育費新算定表」が改訂されました。

 

 

裁判所が事前に「新しい算定表を発表します」と宣言していたので、ここしばらく、離婚事件を積極的に扱う当事務所でも他人事ではない状態でした。

 

実際に係属している家事調停では、「その算定表を待って検討しましょう」という事件もあったり、調停申立準備中の案件では改訂される算定表を意識したり。

 

 

世間の関心も高く各メディアでの報道もありましたね。

 

 

さて、確かに算定表は新しくなりましたが、ここでご注意いただきたいのが2点あります。

 

まず一つ目

 

最高裁判所司法研修所は、今回の改訂版の発表とともに、「改訂版の公表そのものは、既に決まっている養育費を変更すべき事情には当たらない」とも発表しました。

 

つまり、これまでに調停や審判で決定された養育費が、今回の改定版公表により変更されることにならないということです。

今回の改訂版で権利者側が請求できる養育費が増額傾向になったと言われており、これまでに家庭裁判所等で決定した養育費を受け取っておられる方からすると、今回の改訂版通りの養育費を請求したい(増額請求をしたい)と考えられる方もおられるかもしれませんが、この司法研修所の発表からすると、改訂版の公表のみを理由に増額請求は難しいということになります。

 

 

もっとも、裁判所の決定等を経ずに、当事者間の協議だけで養育費を決めていた場合(公正証書を作成した場合も含む)は、新たに、裁判所に養育費を定める調停や審判を申し立てれば、これは家庭裁判所で定義するところの「養育費変更の申立」とは異なりますので、今回改訂された算定表を意識した調停進行、審判進行が行われる可能性があり得るかもしれません。

 

 

 

 

そしてもう一つ。

 

従来の算定表も、今回公表された改訂版算定表も、あくまでも、当事者間で金額に争いがある場合に利用するものです。当事者同士の中で、婚姻費用や養育費の金額に争いがなければ、そちらが優先します。

算定表通りに養育費、婚姻費用を決めなければならないというものではありません。

 

 

 

昨日のブログでも記載いたしましたが、算定表に捉われ過ぎるのもどうかと思う事案もたくさんあります。

 

 

子育ては短期間で済むものではありません。

離婚事案という局面で、双方当事者が色々悩むこと、検討しなければならないことはたくさんあります。相手に抱く感情も様々であるのはある意味当然ともいえます。そんな状況の中ではありますが、養育費は、場合により長期の権利義務関係を定めるものであり、だからこそ、金額についても、支払方法についても、権利を持続的、継続的に実現させることがとても大切です。

 

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による離婚相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

  1 / 79  次のページへ

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30