りんどう法律事務所のブログ

2016.07.29

養育費の終期はいつ???

離婚の調停や訴訟に対応する中で、お子様の養育費の「終期」、つまり「いつまで養育費を支払うのか」という点が争点になることもあります。

 

 

 

調停や訴訟の実務で、個人的な感覚としては、原則は「20歳まで」と考えるケースが多いような気がしますが、

 

 

ただ、大学に進学したとすれば、通常、順調に進学をしても、22歳の春まで、もし薬学部や医学部、歯学部などに進学すれば、24歳の春までは、子は「学生」のままとなります。

 

 

仮に大学に進学済みのお子様がおられるご夫婦の離婚事案であれば、在学中の大学を卒業するまでの間の養育費が認められる可能性は高いと思われます。つまり、養育費の周期は、22歳の3月となります。

 

 

また、両親ともに大学卒業という学歴であり、環境からして大学に行くことを両親とも想定していると思われるような場合にも、大学在学中の養育費を取り決めすることもよくあります。

 

 

両親のうちのどちらか一方、もしくは両方が、医者、歯医者などであれば、医学部や歯学部に進学することを前提とした養育費の取り決めをする場合もあります。

 

 

例えば、私立の小学校に進学しているお子様であれば、ご夫婦の間で、私立の高校に進学することも想定されているかもしれませんし、私立大学に進学することも念頭にあったのかもしれません。もしそうであれば、私立大学卒業が養育費の終期となる可能性もあります。

 

 

つまり、父、母が、子がどのような進学をすると考えているのか、が一つの目安となるのです。

 

 

このため、離婚の協議をされる際にも、夫婦の双方が、子どもの進学をどのように考えているのかという点をしっかり確認しながら、養育費の終期を取り決めることが大切です。

 

 

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による法律相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

 

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«7月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31