りんどう法律事務所のブログ

2016.07.15

法律問題でなくてもいいんです!

離婚問題や相続問題、その他男女関係や家族の問題について積極的に取り組む当事務所。

 

 

ときには、相談を受けていて、その内容が法律相談ではないこともあります。

 

 

 

例えば、離婚の相談で来られてものの、相手方に離婚を求められているわけではなく、自分も離婚をしたいわけではない、という方もおられます。

 

 

「自分は離婚をしたくないが、相手方から離婚を求められている」という場合や、「自分は離婚をしたいのに、相手方は応じてくれない」という場合。

 

 

これは、法律問題である場合も多いのですが、

 

 

「両者ともに離婚を望んでいないのだが、最近夫婦仲がうまくいっていないので悩んでいます」となると、

 

 

法律問題とはならないケースもあります。

 

 

でも、だからといって、私たちが「お話を聞く必要はない」と思うことは決してありません。

 

 

 

日々、離婚事案を通して夫婦の問題に取り組んでいるので、お話しを聞いて「こういうこともあるかもしれませんよ」とか「こうしてみたらどうですか」と一緒に考えさせていただくことはあります。

 

 

ただ、それは、確かに法律問題でもなければ、弁護士としての「回答」とも少し違う気もします。

 

このため、「法律問題でないので申し訳ないのですが」と言ってしまうこともあります。

 

 

そんな回答を聞かれると、ご相談者の方の中には「やっぱり法律相談ではないですよね。こんな相談をして申し訳ありません」とおっしゃられる方もおられますが、

 

 

むしろ恐縮するのは私たちです。

 

 

もし、私たちがお話しを伺うことで少しでもご自身の気持ちの整理やご自身なりの回答を導けるかもしれないと思っていただけるのであれば、どうぞ相談してください、そう思うのです。

 

 

時折、本当は離婚したくないのに、相手方に自分の苦しい気持ちをわかってほしくて、つい「離婚しよう」と言ってしまう方もおられます。

 

 

 

ただ、離婚事案を積極的に扱ってきたからこそ思うことは、

 

 

やはり「離婚」という単語は、本当に「離婚をする」という決意をしたときに発する言葉だと思うのです。

 

 

 

自分は離婚したくないのに、自分から離婚をしようと言ってしまった結果、離婚に至ってしまうというケースもあります。

 

 

人間なので、なんでもスマートにこなしていくことはできないのが普通です。悩み、苦しみ、時に相手を傷つけることもあります。

 

 

でも、やっぱり「離婚」という単語は、決意の上で発せられるべきもので、「駆け引き」に使うものではないと思うのです。

 

 

 

取返しのつかない言葉を相手方に投げかけてしまう前に、誰かに相談していただきたい、相談することでもしかしたら願っていない事態の発生を防げるのかもしれません。

 

 

もし私たちでよければ、そんなお悩みも伺います。

 

 

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による法律相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«7月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31