りんどう法律事務所のブログ

2016.01.18

不貞の慰謝料請求をする前に

 配偶者が不貞行為をしているので、慰謝料請求をしようと

 
思われている方で、主に気にされることは、
 
    自分が持っている証拠で不貞が立証できるか
 
    認められる慰謝料金額はいくらになるか
 
だと思います。
 
訴訟は、やってみないとわからないというのが弁護士として感じることです。
 
相手あっての裁判ですので、相手方からどのような
 
主張や証拠が出されるのかによって、変わってきます。
 
例えば、相手の不貞を立証できるだけの証拠があったとしても、
 
裁判の中で、相手から「破綻後の抗弁」を主張、立証され認定されると、
 
不法行為責任は認められないため、慰謝料は認められないことになります。
 
「破綻後の抗弁」とは、簡単にいうと、夫婦関係が破綻している後の不倫は、
 
不法行為とならないというものです。
 
夫婦関係の判断が認められるには、夫婦が婚姻継続の意思を実質的に失っている主観的要
 
件と婚姻共同生活を回復することが不可能であると客観的に判断できるような状態との客
 
観的要件が必要です。
 
一方が離婚しないといっていると主観的要件を欠きますが、客観的要件から、婚姻関係の
 
修復が困難と判断される場合には、主観的要件が満たされなくても婚姻破綻が認定される
 
ことはあります。
 
慰謝料請求を検討される場合には、相手方からの反論も予測する必要がある
 
かもしれません。
 
**りんどう法律事務所 06-6364-7778**

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31