りんどう法律事務所のブログ

2015.11.16

再審って何?

少し前のニュースになってしまいますが,

大阪・東住吉の放火殺人事件で,再審開始決定が確定し,受刑中だったお二人が刑務所から釈放されたというニュースが話題になりました。

普通は,裁判で判決が確定すると,裁判のやり直しが認められることはありません。

一度裁判で決まったものが簡単にひっくり返るとなると,裁判の意味がなくなりますし,法的安定性が害されるからです。

しかし,間違った裁判をそのままにしておくことは正義に反しますから,一定の場合には,裁判のやり直しが認められます。

これを「再審」といいます。

どのような場合に再審が認められるかは法律で決まっていて,
有罪判決の証拠が偽造や偽証であったことが確定判決によって証明された場合や,
無罪やより軽い罪を認めるべき明らかな証拠をあらたに発見した場合など,
ごく限られた場合にしか認められません。


今回の東住吉の事件では,
保険金目当てに自宅に火をつけて長女を殺害したとしてお二人に有罪判決が確定していましたが,
その後に行われた燃焼実験の結果などから,
火災が放火ではなく自然発火だった可能性が否定できないことが明らかになり,
また,自白の内容通りに放火しようとしても物理的に困難であることが明らかになり,
今回の再審開始決定につながったようです。
さらに,お二人の刑の執行も停止され,今回の釈放につながったわけです。


今回決まったのは,再審の開始(裁判のやり直しをすること)だけで,
無罪になるかどうかはこれから始まる再審(やり直しの裁判)の中で判断されます。
しかし,自然発火の可能性が否定できないことや自白通りの放火が困難なことを認定して刑の執行まで停止したという今回の判断は,
ほぼ無罪を言い渡したに等しいものといえます。
検察官も,不服申し立てを断念しました。

今後の審理の結果,無罪が言い渡される可能性が高いものと思われます。

*********************
りんどう法律事務所(大阪の弁護士事務所)
大阪市北区西天満3-13-18 島根ビル3階
(地下鉄堺筋線・谷町線「南森町駅」から徒歩約5分)
06-6364-7778
*********************

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«11月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30