りんどう法律事務所のブログ

2015.03.25

「介護をしました」と言うだけでは・・・。

先日、このブログで「過去の扶養料が求償できる可能性がある」という記事を書きました。

今回は、この件について少し補足説明をさせていただきます。

相続事件を扱っていて、「親の介護をしました」という主張が出る場合もあります


たしかに、親が亡くなった相続事件で、その親には子どもが複数いるという場合、その子どものうちたった一人だけが親の介護をしたのであれば、その労を何らかの形で労うのが当然だという気持ちもよくわかります。


介護には、経済的にも精神的にも肉体的にも想像を超える負担がつきものです。


ただ、では、どんな介護をしたのかという説明をお願いすると、具体的な話が出てこないケースもあります。


内容の濃い介護をされている場合、裁判所もそれをなんとか評価しようという姿勢を示してくれることも多いように感じますが、ただ、介護の内容を具体的に資料などを添えて説明できなければ、裁判所としてもどうしようもないというのが正直なところだと思います。


介護だけでも大変だと思いますが、後に、他の兄弟などに説明できるよう、介護の内容をきちんと記録に取って行くことをお勧めいたします。

介護ノートの作成や、支払った医療費や介護費用等の領収書の保管、管理していたお金の入出金がわかる帳簿の作成などを心がけていただければと思います。

日々の介護をしながらこれらの資料の保管等をすることは決して容易なことではないと思います。


ただ、漠然と「介護をしていました」という説明をするよりも、これにこれだけの費用を使いました、こんな介護をしていましたという説明を、資料とともに行うことにより、他の相続人への理解を求めることもすこし容易になるかもしれません

介護や相続について、他の親族と揉めている方がおられましたら、一度当事務所までご相談いただければと思います。

りんどう法律事務所(大阪・弁護士事務所)
大阪市北区西天満3丁目13―18 
06-6364-7778

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31