取扱内容

相続

 遺言書作成、遺産分割協議・調停・審判等手続き、相続放棄手続き、遺留分減殺請求等全般を扱っています。

 相続問題では、相続人の皆様それぞれに、亡くなられた方、遺された財産などへの想いがあり、そのためなかなか当事者間で話し合いがまとまらないというケースもよくあります。

 当事務所は、相談に来られた方のお気持ちやこれまでの事情等を出来る限り詳細に伺い、親身にご相談にのるよう努めております。

◆当ホームページ内のブログでも、相続や相続手続き等に関する記事を随時更新しています◆

弁護士に相談するメリット

遺言書を作成する場合、法律事務所以外でそのご相談に応じている機関、事務所もたくさんあります。

ただ、遺言書を作成された方が亡くなられた後、遺言書はあるけれど、調停や審判で解決を図らなければならないケースはたくさんあります。

理由としては、記載漏れ、方式の不備、遺留分減殺請求が行われた、その他色々です。

このような場合に、実際に調停、審判にまで対応できるということになると、やはり弁護士となります

当事務所は、遺言書を作成される動機、その内容、それにより遺言書を作成された方が亡くなられたときに、どのように作成された方のご希望を実現できるかを考えながら、ご相談にのらせていただいています。

離婚率の増加、少子化などの影響から、遺されたご家族等が遺産分割協議を行うにも複雑な問題があるケースも多くあります。

ご自身の財産について何か少しでもご希望があるのであれば、一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

例えば、

再婚しており自分が亡くなれば、相続人としては現在の妻と前妻との間の子がいる、

子どもがいない、

認知している子がいる、

内縁関係のパートナーがいる、

このいずれかに当てはまる方は、ご自身が亡くなられた場合、どの人が相続人になるのか、だれに財産を譲りたいのか等を一度ゆっくり考えていただけたらと思います。

当事務所は、相談のみも可能ですので、少しでもご不安なことがありましたら、一度ご連絡ください。

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778