費用について

弁護士報酬の概要(全て税別の金額です)

相談料

  • 離婚、男女関係のご相談の場合、1時間につき5000円です。
  • 破産、債務整理等のご相談の場合、初回30分は無料です。
  • その他のご相談については、30分毎に5000円となります。

着手金

  • 離婚、男女関係の調停、訴訟  300,000円~500,000円(示談交渉の場合は、上限が300,000円)  
  • 相続案件(遺産分割、遺留分減殺請求、遺言無効確認等)の調停 300,000円~500,000円
  • 刑事事件    300,000円~
  • その他の示談交渉、調停、訴訟に関して 
    • 経済的利益300万円以下の場合、8%(ただし、最低金額は100,000円)
    • 経済的利益300万円を超え3000万円以下の場合、5%+9万円
    • 経済的利益3000万円を超え3億円以下の場合、3%+69万円
    • 経済的利益3億円を超える場合、2%+369万円

報酬金

  • 離婚、男女関係の示談交渉、調停、訴訟  200,000円~600,000円
    • *経済的利益を伴う場合は、上記報酬金に経済的利益の8%から15%程度の金額が加算されます。
    • *保全、執行手続等の特別な手続きを要する場合には、別途費用がかかります。
  • 相続案件の示談交渉、調停、訴訟、その他の示談交渉、調停、訴訟
    • 経済的利益300万円以下の場合、16%
    • 経済的利益300万円を超え3000万円以下の場合、10%+18万円
    • 経済的利益3000万円を超え3億円以下の場合、6%+138万円
    • 経済的利益3億円を超える場合、4%+738万円
  • 刑事事件  300,000円~           

手数料

  • 破産(同時廃止)、再生申立て 250,000円~ 
  • 破産(管財事件)申立て   300,000円~
  • 保全手続、執行手続申立て  150,000円~
  • 遺言書作成        100,000円~
  • 成年後見申立て      150,000円~
  • 信託契約書作成      150,000円~                   

顧問料

  • 会社代表者、企業の場合  30,000円~ 
  • 個人の方  10,000円~                     
  • *顧問契約内容によって、これより費用がかかる場合もあります。

日当

  • 想定されるのが半日程度の場合 10,000~30,000円程度
  • 想定されるのが全日程度の場合 50,000円程度

実費

  • 各事案によって予想される金額を預からせていただきます。

具体的なケースでのご説明(全て税別の金額です。一例であり、事案により異なります。)

離婚、男女関係等の事案

  • ご相談のみの場合、相談料として1時間5,000円がかかります。   
  • 調停手続きをご依頼いただいた場合(例:離婚と親権を争う事案の場合)、着手金として300,000円がかかります。 *ただし、相談の際にご依頼いただいた場合、この回の相談料は発生いたしません。
  • 調停手続きにより、ご希望通り、親権を取得し離婚が成立した場合、報酬や日当として計300,000円~500,000円程度(事案の複雑さによって異なります)がかかります。 *養育費についても調停調書で取り決めができた場合には、その経済的利益に対する報酬がかかります。        
  • 調停手続きでは解決できず、訴訟提起等が必要となった場合、別途、訴訟に関して、委任契約を締結させていただく必要があります。この際、訴訟に関する着手金がかかりますが、調停手続きからご依頼いただいている事案については、金額の調整をさせていただいております。  

上記は、あくまでも一例です。具体的にご依頼を検討される際には、弁護士に、予定している手続きでどのくらいの着手金、報酬金がかかるかをご確認ください。

相続事件

  • ご相談のみの場合、相談料として30分毎に5,000円がかかります。 
  • 調停手続きをご依頼いただいた場合(例:遺産分割調停)、着手金として300,000円がかかります。
    • *ただし、相談の際にご依頼いただいた場合、この回の相談料は発生いたしません。
    • *予想される遺産総額や事案の複雑さにより、この金額より高くなる場合もあります。 
  • 無事調停が成立した場合、例えば300万円の経済的利益を取得できた場合、報酬金として240,000円及び日当(1万円×調停期日分)がかかります。

*上記は、あくまでも一例です。具体的にご依頼を検討される際には、弁護士に、予定している手続きでどのくらいの着手金、報酬金がかかるかをご確認ください。

刑事事件
  • 被疑者段階の弁護活動をご依頼いただいた場合、着手金として300,000円~(事案の内容等によって異なります)がかかります。 
  • 被疑者弁護活動により、身体拘束が解かれた場合、その報酬金が発生します(金額は事案の内容等によって異なります)。
  • 被疑者弁護活動により、不起訴処分となった場合や、略式請求となった場合、その報酬金が発生します(金額は事案の内容等によって異なります)。
  • 被告人段階の弁護活動をご依頼いただいた場合、着手金として300,000円~(事案の内容等によって異なります)がかかります。
  • 弁護活動により、無罪となった場合、罰金刑、執行猶予判決、減刑となった場合、その報酬金が発生します(金額は事案の内容等によって異なります)。                   

*具体的にご依頼を検討される際には、弁護士に、予定している手続きでどのくらいの着手金、報酬金がかかるかをご確認ください。          

その他の案件
  • ご相談いただいた場合、相談料として30分毎に5,000円がかかります。   
  • 訴訟手続きをご依頼いただいた場合(例:300万円の損害賠償請求の場合)、着手金として240,000円がかかります。  
  • 勝訴判決を得て300万円が支払われると、報酬金として480,000円+日当(例えば1万円×出廷日数分)がかかります。  *ただし、事案の複雑さによって、これより減額する場合もあります。
遺言書作成
  • 定型の場合              100,000円~
  • 非定型(複雑、財産が多岐にわたるなど)  150,000円~
*公正証書で作成される場合には、公証人手数料が別途かかります。
成年後見申立事件手数料 150,000円~
自己破産申立事件
  • 個人の場合・・・着手金 250,000円~(支払方法について応相談)
  • 法人・代表者の場合・・・着手金 500,000円~(支払方法について応相談)
任意整理
  • 着手金 債権者1件あたり35,000円
  • 報酬金 減額できた金額の10%
過払金返還請求により返還金が生じた場合、返還金合計額の20%の金額を報酬金額に加算します。
書類作成手数料 50,000円から200,000円  弁護士名の表示の有無、内容により個別に算定します。
*相談料、着手金、報酬金については、ご依頼者様の資産、資力、その他法テラスの要件を満たされる場合には、法テラスのご利用も可能です。法テラスへの申し込みは当事務所を通して行うことができますので、ご利用を検討されている方は、直接当事務所にご連絡ください。

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778