りんどう法律事務所のブログ

2020.04.02

家族といえども・・・。

テレワーク、在宅勤務が積極的に導入されている今日この頃。

きっかけは、新型コロナの感染拡大を防ぐためという消極的な目的ではありますが、ライフスタイルの多様化に鑑みれば、様々な働き方があるのはとても自然なことであり、人それぞれが自身の生活を充実させるためにも、柔軟な働き方を積極的に取り入れていくというのは、むしろ望ましいことではないかと考えます。

 

ただ、自宅で過ごす時間が増えることにより、パートナーへの違和感や、親子間での衝突が増えてしまうこともあるのかもしれません。

 

信頼関係の上でスタートさせた家族であっても、相手は自分とは異なる人間。

 

時には、相手の一挙手一投足にイライラさせられることもあるでしょう。

 

相手に非があるということもありますし、もしかしたら、自分が少しイライラしていたということもあるのかもしれません。

原因を探り始めれば、「自分はこうなのに」「相手がこうしたから」と、余計にイライラが募ったり。

 

そんな時、どうやり過ごしたらいいか。

本当に難しいです。

 

「非がある相手には非を認めさせたい」。そう思う時だってもちろんあります。

家族であっても、相手は自分とは違う人間で、相手にだって心はあります。そして、自分にだって心があります。

自分の気持ちと相手の気持ちが異なることはたくさんあります。

 

意外かもしれませんが、「どちらが悪い」という結論は、急いで出すべき事柄であることはそんなに多くはありません。

 

もし、同じ空間に長くいることが苦しい時には、とにかく、一時的にそっと距離をとるというのもひとつだと思うのです。

 

家族だから、ずっと一緒に向き合わなければならないわけではありません。

 

自分を守るため、相手を守るため、一時的に、心理的、物理的、空間的に、とにかく何でもいいので距離をとる。そうやって守られるものがある。この仕事を通して日々気付くことです。

 

それから、最後に。

 

心理的もしくは物理的距離では解決できないことも、もちろんあります。

 

どうしても辛い時、そんな時には我慢せず、あらゆる電話相談等を活用し、その場所からの逃げ方を必ず誰かに相談してください。

 

どんな時であろうとも、悩んでいるあなたに寄り添いたいという思う人は、絶対にいるはずです。

 

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3丁目13-18島根ビル3階

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30