りんどう法律事務所のブログ

2013.10.31

ドラマ「リーガルハイ」第4話を観て ~実はよくある近隣トラブル~

ドラマ「リーガルハイ」第4話は、近隣トラブルが題材でした。

この近隣トラブル。実は法律相談でもよくあります。

境界の問題、騒音の問題、日照権や深夜の光の問題など、原因は色々ありますが、常に顔を合せる可能性のあるお隣さんとのトラブルは、想像以上に精神的に辛いものです。

多くの方が簡単に引越しできるわけもなく、日々苦痛を感じるのですから、深刻なのも当然です。

ただ、残念ながら、法律的に解決できるケースばかりではなく、またたとえ裁判等で解決できたとしても一度生じた不信感等が簡単に拭えないこともあり、真の解決が難しい場合もあるのが現状です。

【ネタバレ要素があります。まだ「リーガルハイ」第4話をご覧になっていない方はご注意ください】

さて、このような近隣トラブルを、今回も当事者双方が納得する方法で解決できたのですからさすがです。今回は、羽生弁護士の活躍も大きかったようですね。

古美門先生と別府裁判官のやりとりもおもしろかったです。

とはいえ、この第4話は、実務とは少し感覚が異なるところがあった様に感じます。

まず、裁判において相手の引越しを求めることはなかなか容易なことではありません。ドラマでも別府裁判官が、原告の主張がよくわからないとして補充を求めましたが、古美門弁護士が根拠となる権利について言及することはありませんでした。

実際には、明け渡しは、人格権に基づく請求として構成することになると思われますが、この人格権という権利が割と新しい権利で曖昧な部分も多く、また「明け渡し」という結果も、その判断を受けた人にとってはかなりの負担となることから、容易く認められるものではないと思われます。だからこそ、実際、近隣トラブルの解決は困難とされているのです。

また、ドラマで「現場検証」が行われていましたが、確かに「検証」が行われることはありますが、このドラマの事案で行われる可能性はかなり低いと思われます。実際の裁判では、写真やビデオ、図面などを証拠として提出し、裁判官にイメージを掴んでもらえるように努力しています。

そして、もちろん弁護士にしても当事者にしても、廊下に立たされることはありません(笑)。

そもそも第一回口頭弁論で、あそこまで白熱した議論をすることは基本的にありません。

古美門先生、あんなに、当事者席から法廷の真ん中まで出てきたら、それは注意されても仕方ないです・・・。

ドラマなので実務と違う点は色々とあるでしょうが、でも古美門先生の弁護方針、弁護スタイルは、「一笑に付す」で済まされない魅力があります。

古美門弁護士の方針羽生弁護士の方針、どちらもが弁護士として求められるものではないのか、そのようなことを毎回考えさせられています。

次回も楽しみにしています。

************
りんどう法律事務所(大阪・女性弁護士の法律事務所)
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

2013.10.30

映画「重力ピエロ」を観て  ~裁判に提出するDNA鑑定~

先日BSデジタルで放送された映画「重力ピエロ」を観ました。

重たい内容でしたが、激しく泣くというよりは、しんみり、じわっと色々な感情が広がりました。

俳優の方々の演技から生まれた味わいだったのでしょうか。たまたま放送されるのを知って観たのですが、観て良かったと感じました(個人の感想ですが)。

早速映画の内容から離れてしまうのですが、映画で出てきたDNA鑑定

実際の裁判でも、親子の関係の有無が問題となった時には、DNA鑑定の結果が証拠の一つとなります。

例えば、認知請求の中で、父親とされる男性と子どもの間に血縁関係があるとする証拠として、DNA鑑定の結果が使われます。

このDNA鑑定。鑑定の方法には色々あり、これを行っている機関も多くあります。

ですが、もし裁判の証拠として使用することを検討されているのであれば、裁判所が「信用できる」と思う方法で行っている機関で鑑定されることをお勧めします。

認知請求をお考えの方は、DNA鑑定の前に、一度弁護士に相談されることも御検討ください。

************
りんどう法律事務所(大阪・女性弁護士の法律事務所) 
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

2013.10.29

学資保険はどうなるの?

離婚する時に、財産分与をすることがあります。
学資保険は、夫婦の共有財産で財産分与の対象となります。
学資保険を継続するか、解約するかどうか離婚の際に
決めることになります。
 
 
仮に、契約者が父で、離婚した後、母が親権者となった場合、
離婚した後も父が保険料の支払いを継続することはできます。
 
 
ただし、満期が来た時、原則的に契約者である父に保険金
または給付金を受け取る権利があり、母と子供には権利が
ないので、父と疎遠になっている等の事情があると
母と子供は、お金を受け取る事ができなくなってしまうかもしれません。
 
 
そのため、契約を継続した場合、誰が保険料の支払いを
継続するのか、満期が来た時にどうするのか離婚の際に
きちんと決めておく必要があります。
                                                                                      
***********
りんどう法律事務所 
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

2013.10.28

保釈保証書発行事業って?

刑事事件で逮捕され勾留された後、起訴されると、保釈請求が可能となります。

保釈請求が認められ、最終的に保釈されるためには、保釈保証金を裁判所に納める必要があります。

この保釈保証金について、最近、保釈保証書発行事業というものがスタートしました。

担当弁護人の申し込みに基づき保証書の発行を行い、万が一の際の保証金の支払いを行ってもらえるという仕組みのようです。

取り扱っているのは、全国弁護士協同組合連合会(全弁協)です。

もし保釈保証金を全額用意することが困難な場合は、担当している弁護士に確認されてみてはいかがでしょうか。

************
りんどう法律事務所(大阪・女性弁護士の法律事務所)
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

2013.10.25

リーガルハイを観て2

第3話「顔か? 心か? どちらを選ぶ? 前代未聞の整形裁判」は、
夫が妻に離婚調停を申立て、不成立になったため、
裁判になったという流れでした。
 
 
夫は、妻に対して慰謝料800万円を請求していました。
 
 
慰謝料」という言葉は、ドラマや法律を扱った番組で
よく耳にします。
 
 
慰謝料を「請求」することは簡単ですが、裁判で 
認められる」ことは容易ではありません。
 
 
そもそも、慰謝料が認められる事案であるのか、証拠の存否等
慰謝料が認定されるハードルは低くありません。
 
 
また、慰謝料の金額はですが、具体的事情を判断して決まります。
ドラマの設定で800万円は高額であると感じましたが、
いくら請求するかは、本人の自由です。
 
 
ただし、請求する慰謝料金額が高くなれば、印紙代も高くなります。
その点を考慮して請求する金額を決める必要があります。
************
りんどう法律事務所 
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************
 

2013.10.24

ドラマ「リーガルハイ」第3話を観て ~実際の離婚裁判は?離婚裁判って怖いの?~

ドラマ「リーガルハイ」第3話に関する記述です。ネタバレ要素もありますので、まだドラマをご覧になっていない方はご注意ください。】

「リーガルハイ」第3話は、離婚事件が題材でした。

相変わらず古美門先生は舌鋒鋭く、尋問のシーンなどもとても面白かったです。

ただ、実際に離婚裁判を控えておられる方は、「やっぱり裁判って怖い」と思われたかもしれませんね。

その不安を取り除いていただけるかはわかりませんが、実際の尋問について少し触れさせていただきます。

まず、本人尋問のシーンで傍聴人が結構な人数いていましたが、有名人の事案では別ですが、一般の方同士の離婚裁判であれほど傍聴人がいるケースは珍しいと思います。実際には、傍聴人が1人もいないということがほとんどです。

また、尋問のシーンの古美門先生の発言は圧巻でしたが、実際の裁判であそこまで弁護士が言い立てるということも、まずありません。

実際に、あのような調子で尋問すれば、裁判官から「質問が攻撃的」「早口過ぎる」「尋問の内容が意見の押し付け」などと注意される可能性もあります(相手方の代理人から裁判官にそのように注意をすることを求める場合もあります)。

他のドラマでもよく見られる描き方ですが、実際はもう少し落ち着いた雰囲気で行われています。

ところで、「リーガルハイ」第3話で、黛弁護士が、「幸せは私たち(弁護士)が決めることではない」という趣旨のことを羽生弁護士に言ったシーンがありましたが、本当にその通りだと思います。

離婚事件は、一人ひとりにとって望ましい真の解決方法が異なります。

また、希望する解決方法が、事件が進む中で変化していくこともあります。

離婚事件では、当事者のご希望が、受任時から変化することも決して珍しいことではありません。

だからこそ、私たちは、

離婚事件に積極的に取り組み、依頼者の方と一緒に最善の答えを求めて行きたいと考えています。

************
りんどう法律事務所(大阪・女性弁護士の法律事務所)
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

2013.10.23

離婚成立の日はいつ?

協議離婚の場合、離婚届に署名、押印をして、
役所に離婚届を提出して受理された時に離婚が成立します。


調停離婚の場合、調停で離婚や親権、養育費、財産分与、
慰謝料など離婚に付随する問題を話し合います。


話し合いをした結果、合意することができると裁判官が
終意思確認をして調停条項を読みあげると離婚が成立します


調停が成立した日に離婚が成立しますので、役所への届出は
必要ですが、これは、戸籍上の義務で、離婚の成立日ではありません。

離婚成立は一瞬ですが、離婚後、事務手続が必要なことがあります。
これらの手続きも大事なことですのでお忘れなきようご注意ください。

************
りんどう法律事務所 
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

2013.10.22

離婚事件にかかる時間 ~離婚裁判は長引くの?~

離婚のご相談をうかがっていると、よく「この件って長引きそうですか」「解決するまでにどのくらいの時間がかかりますか」という質問を受けます。

「これからどんなことになるのだろう」「ずっとこんな状況なのは辛い」というご不安からでしょうし、心配されるのは当然のことです。

このような質問を受けたときにさせていただく回答は、

離婚事件の場合、早く解決するときもありますし、時間がかかるときもあります」「2、3ヶ月で解決するときもあれば、2年以上かかっているケースもあります」というもので、きっとご質問された方にとっては何等の解決にならないのだろうと、いつも申し訳なく思っています。

ただ、やはり、想定される争点が多い場合もあり、実際に始まってみないと分からないことも多いのが実情です。

中には、早く解決しようと思えばできる事案もありますが、無理に早く終わらせて依頼された方の利益になるかを慎重に考えながら進めていくことも、弁護士の職務ではないかと思うのです。


一方で、

離婚事件はまさに生活にかかる問題が多く、その意味では、早期の解決こそが依頼された方のご希望なのだろうと思うケースもあります。

「妥協しないといけないこともあるだろうけど、早く解決して、新しい生活に取り組んでいきたい」という方もおられますし、「ここまで来たら、きちんと自分が納得するまで進めて欲しい」という方もおられます。どちらの方の想いも切実です。

当事務所では、常に、得られる利益と失う利益の可能性などを出来る限り詳しく説明させていただきながら、依頼者の方と一緒に事件を進めて行くことを心がけています。

************
りんどう法律事務所 (大阪・女性弁護士の法律事務所)
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

2013.10.21

離婚相談

「離婚」に限ったことではありませんが、インターネットで多くの情報が取得できる分、自分の状況にあった情報を取捨選択しなければなりません。
時には、誤った情報を基に行動してしまい、取り返しがつかなくなることもあります
 
 
「離婚相談」には、既に離婚を覚悟されている方とまだ思案中の方と概ね二つに分かれます。既に離婚を決意されている方でも、相談の結果、暫くはこのままで頑張ってみるということになることもあります。
 
 
弁護士に相談するのだから、法律的な話だけでなければならないとお考えにならず、人生相談になっても構いません。
「離婚」という言葉が頭によぎった時には、一度相談に行かれたらよいと思いますし、状況が変化した際にも、相談されるとよいのではないかと思います。
************
りんどう法律事務所 
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

2013.10.18

消費税が上がると?

平成26年4月から、消費税率が8%に引き上げられることになっています。

弁護士費用にも消費税はかかります。

つまり、消費税率が上がると、弁護士にご相談、ご依頼される際にかかる費用がその分だけ高くなるということです。

離婚手続き相続手続き破産手続き遺言書作成・・・etc

もし現時点で、弁護士にご相談、ご依頼することを検討されている方がいらっしゃいましたら、消費税率引き上げのことも頭の隅に置いておいて頂き、その時期をご判断いただくのも一つかと思います。

************
りんどう法律事務所 
TEL 06‐6364‐7778
http://rindou-law.jp/
************

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31